【子どもの指しゃぶり】2歳児健診で前歯が出てきていると指摘を受けた、その後

こんばんは。

小さなころから指しゃぶりが癖になっていた娘。

2歳6か月時点で受けた2歳児健診では、前歯が出てきているとの指摘を受け、歯のことを考えるなら今が辞めるリミットとのお話をされていました。その時のことは→こちらの記事で

娘の指しゃぶり

娘は、眠る時だけではなく、日中も、テレビを見ている時、車や自転車に乗って移動している時、また初めての場所などちょっと不安な時など、結構な頻度と時間で指しゃぶりをしていました。

眠りに入るときはもちろん、睡眠中もちょっと眠りが浅くなるとちゅぱちゅぱ。

私としては、気にはなるけど…まぁ3歳くらいまでは様子みてもいいのかな~と、これまでは辞めさせようとしたことはありませんでした。

しかし、2歳6か月時点で受けた2歳児健診にて、前歯が出てきていることを指摘され、先生からは「辞めた方がいい」、歯科衛生士さんには「歯科的には今がリミット」とのお話をされました。

このままずっと辞められずに、矯正が必要になったりするのもかわいそうだけど…やっぱり強制的に辞めさせようとするのは気が進まない。

娘にとっても安定剤のような行為であり、やんわりでも言うと、逆に意固地になってしまいそうな感じもありました。

夫とも相談し、やはり娘が自分で気づいて辞めるのを待ってみようということになり、指しゃぶりについて言うのはやめました。

寝入りばな、ぐずぐずする日が続いた

健診から1か月ほど過ぎた頃、寝入りばなにぐずぐずする日が続いた時がありました。

ちょうどその頃、私自身、ちょっと自分の体のことで不安なことがあり(このことについてはまた次回以降の記事で書きたいと思っています…)、しっかりと娘と向き合えない時間も多く、少し不安定になっているのかもしれないと思いました。

その日も寝入りばなぐずり、今日もかぁ…と思いながら一緒にゴロゴロしていると、次第に静かになり、そのまま寝た!

指しゃぶりしてない!

そういえば…最近日中もあまり指しゃぶりしてる姿見てないかも…

そこではじめて気がつきました。

最近ぐずぐずしていたのは、指しゃぶりをしてなかったからだと。

自然に指しゃぶり卒業となりそうです

特別、これをしたから辞めれたとか、これがきっかけで辞めれたとか、そういうお話ではないので、もし何かそういう情報が欲しくて読んでいただいた方がいらっしゃいましたら申し訳ないです…

ただ、時期を同じくして、小さい頃から読んでいた絵本を急に音読しだしたり、これまでよりも少しだけ自分の意思を上手に伝えられることが増えたり、まわりの状況を良く理解している様子がみられたり、成長が感じられる場面が多くありました。

だから、指しゃぶりも、その成長の一環で、娘の中でしなくても大丈夫な時期に来たのかな?と感じたりしています。

本当のところはわかりませんが、娘は自然に指しゃぶり卒業となりそうです。

無理やり辞めさせるのは気が進まないと思いつつも、歯への影響が全く気にならないかといえば、その辺は葛藤もありましたので…自然に辞められそうでほっとしています。

まだ完全にしないというわけではないので、このまま見守りたいと思います

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加