九州旅行番外編① 旅行にかかった費用

こんにちは、ときわです。

前回まで4回に渡ってお届けしました九州旅行記。

今回は番外編として、旅行にかかった費用についてまとめたいと思います。

はじめに

わがやの長期休暇は年2回(約1週間ずつ)。

この長期休暇を利用して、飛行機の距離にあるお互いの実家に帰省しています。

ただ、休暇を帰省に充てることから、その他に長期で旅行に行くことはなかなかできないというのが現状。

なので、帰省も兼ねた旅行という形を取り、だいたい年間30万円程度を予算として考えています。

1回の旅行につき飛行機代を含めその他もろもろ、15万円以内が目安。

といっても、これまで15万円に届いたことはありませんでした。

こと子供が生まれてからのここ2年間の帰省旅行では、実家周辺でまったりという感じだったので、比較的費用も抑えられていました。

さて今回。

結論からいうと、かなり予算オーバーしました。

まぁ…オーバーするべくしてしたというか…たぶんオーバーするだろうなとは予想していましたが…それにしても、お金使いすぎちゃったかな

以下、概算ではありますが何にどのくらいかかったのかをまとめたいと思います。

ご参考までに…

わがやの家族構成は夫、私、娘(2歳)になります。

今回は4泊5日の旅行です。

旅行にかかった費用

移動・交通費 約105,000円

飛行機:53,400円

行きは静岡‐鹿児島、帰りは福岡‐静岡で大人2人分。

フジドリームエアラインズの45日前割を利用しました。

今回は燃油サーチャージ4000円がプラスされています。

レンタカー:17,536円

1泊2日のレンタルで、車代が7,600円

乗り捨て料金が、7,560円

レンタカー安心パックが、1,296円

チャイルドシート貸し出しが、1,080円

鉄道関係:約20,000円

熊本から福岡までの新幹線代他空港までの移動など。

空港バス:2,500円

鹿児島空港から鹿児島市内への移動、大人2人分。

桜島フェリー:1,310円

高千穂峡の貸しボート:2,000円

高速道路利用料金:約7,000円

ETC利用で割引や還元適用あり

ガソリン:レンタカー分は約3500円

宿泊費 約15,000円

1泊目:約7,000円

ビジネスホテルの和室利用。大人2人分。素泊まり。

2泊目:約8,000円 (駐車場代540円含)

ビジネスホテルのツインルーム利用。大人2人分。素泊まり。

3泊目と4泊目は実家に泊まりました。

飲食費 約3,9000円

今回ホテルでの食事はつけていないので、飲食店、もしくはスーパーやコンビニなどで購入したものになります。

福岡アンパンマンミュージアム入場料 4,500円

1歳以上1人1500円。

おみやげ代 約17,000円

実家、夫の会社、自宅用に購入したもの

まとめ

細々したものは抜けているものもあると思いますが、トータル18万円越えという結果になりました。

今回まずポイントとなるのは、娘が2歳なので、移動交通費や宿泊費などはほぼ費用がかかっていないこと。飛行機でいえば、3歳からはチケットが必要になります。

とはいえ、移動交通費だけでも10万円を超えています。

ここまで費用が膨らんでしまった要因として、今回は燃油サーチャージが発生したこと、レンタカーを鹿児島でかりて、熊本で返却したため、乗り捨て料金が発生したこと、移動で鉄道を結構使ったので、そちらの費用も嵩んだことがあると思います。また、自宅から静岡空港の往復で使った高速代も結構かかってます。

計画段階から移動交通費でかなり費用がかかることは予想していたので、宿泊費を押さえたりはしましたが…

やはり旅行に出ると、せっかくの機会だし、おいしいもの食べたり、いろんな経験したりと、財布のひもも緩んでしまいがちですねー。

旅行というのは非日常であり、ここにはもう来ることができないかもしれないと思うと、ちょっと欲張りになってしまいます。

ここはひとつ、メリハリということで。

また日常の中で、やりくりがんばっていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加