【交通違反】違反点数がリセットされるのはいつ?累積で免停も?【チャイルドシート装着違反で止められる】

こんにちは、ときわです。

先日、チャイルドシート装着違反で止められてしまいました!

ちょうど、春の全国交通安全運動の期間中でした(あとから知りましたが…)

チャイルドシート装着違反

運転をしていたのは夫、後部座席で私が娘を抱っこして乗っていました。

チャイルドシートはもちろん設置しているのですが、この時は次の目的地が近かったこともあり乗せずにいたんですよね…

このことに関しては、ただただ反省です。

もしものことがあれば、乗せていなかった理由なんて、関係ないですからね…

今日のごはん何にしようか~なんてのん気な会話をしていると、止められました。

交番がすぐ近くだったようで、そのまま交番へ案内されました。

違反点数は?反則金は?

チャイルドシートの装着違反での違反点数は「1点」

反則金はありません。

これだけで終われば、次から気をつけようねで済むのですが。

実は、夫。

以前にも通行帯違反携帯電話で違反歴がありまして。

通行帯違反とは、高速道路の追い越し車線などで、目安として2㎞以上走り続けてはいけないというもの。違反点数は「1点」で、反則金は「6000円」

携帯電話は、注視・保持で「1点」交通の危険(携帯電話の使用が原因で事故が起こった場合)は「2点」で、それぞれ反則金は「6000円」「9000円」。(夫は保持でした)

仕事柄、高速道路を使っての移動も多く、電話もひっきりなしに鳴る夫。携帯電話に関しては、普段はイヤホンマイクを使っているのですが、この2つの違反は1か月も空かないうちで、立て続けでした。なんか…注意力に欠ける時期だったのかな?

軽微な違反でも、積み重なれば免停(累積6点)になってしまうので、そういえばこの過去の違反って、累積されるのかな?それともリセットされてるのかな?と気になったので、調べてみました。

交通違反の点数制度とは

点数制度は運転者の過去3年間の交通事故や違反の合計点数が所定の基準に達した場合に、運転免許の取消し・停止処分を行う制度。

ただし、例外として1年間交通違反をしなかったとき、免許の取消し・停止処分を受けたときは、それ以前の点数は加算されません。また2年間無違反の者が、1点、2点または3点の軽微な交通違反をした場合、その後3ヵ月間違反がなければ、その点数は加算されません。

(JAFホームページより抜粋)

夫の違反は、いずれも軽微な交通違反に分類されます。

まず最初の2つ(走行帯違反と携帯電話)の違反があった時期が、今から2年10か月ほど前。

ということは、まず最初の2つの違反点数については、「1年間交通違反をしなかったとき」に該当するので、すでにリセットされていると考えられます。

さらに、今回のチャイルドシートの違反点数については、「2年間無違反の者が、1点、2点または3点の軽微な交通違反をした場合、その後3ヵ月間違反がなければ、その点数は加算されません」とあるので、今後3か月間違反がなければ、またゼロにリセットされると考えられます。

現在の違反点数を知るためには?

交通違反の点数制度に照らし合わせると、おそらくこの考え方で大丈夫だと思うのですが。

結構複雑で、わかりにくいですよね…

もし、自分の現在の違反点数を正確に知りたいという場合は、警察署などで累積点数等証明書という証明書を発行してもらうことができるようです。

ちなみに費用は一通630円とのことです。

まとめ

ひとまず、違反点数が累積されて免停の危機が迫っているということは無いようですが、点数がゼロにリセットされても、違反歴は残ります。

夫も、次はゴールドじゃなくなっちゃう…となげいていました。

でもね、違反点数云々や反則金で済めばまだいいんですよね。これを機に、気を付ければいいんだから。

命が無くなってしまったら、まして他人の命を奪ってしまったら…車って、そういうことにもなりかねないものなので、今一度気を引き締めて、気を付けなきゃならないなと、夫にも一段と気をつけて運転してもらいたいなと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加