わが家の断捨離チャンス&ブックオフで1445円

こんばんは、ときわです。

引っ越しまで1週間ほどとなりましたが、思うように準備が進んでいません。

引っ越し関連の記事はこちらになります→異動の辞令 物件探しを始める

                   異動の辞令からの物件探し 難航しています

                   異動の辞令 物件が決まりました

引っ越しは断捨離のチャンス

引っ越し準備は断捨離のチャンス!でもあると思うので、”とりあえず保管”していた物の見直しをしています。

わが家は転勤族なので、なるべく物を持たない暮らしを心掛けてはいるつもりなのですが!

いつしか増えていく物たち。特に娘が生まれてからは加速度的に。そして実は、前回の引っ越し(1年8か月前)の時から開封されていない段ボールも、いくつかあるんですよね。長いこと開封してないんだから、無くても困らないだろうに…

現在1部屋は物置部屋と化しているわが家。引っ越し先では1部屋少なくなるので、本腰入れて仕分けをしなければ!と意気込みは十分なのですが。

進まない作業

娘のもの

サイズアウトした衣類、0歳代で使っていたおもちゃなどは一度整理してもいいのかなと思うものの、状態のいいものはまた使う可能性(2人目にお下がりで(全くもって未定ですが!))も無いとは言えないし…と考えると、どこまで手を付けるか迷ってしまっています。しかしこれがまた結構なボリュームなんですよね。

仕分け作業

いるもの・いらないものに分けて梱包→娘がやってきて片っ端からものを出していく→まぁここの物で遊んでいてもらっている間に別のとこ手を付ければいいか→そこへまた娘登場→うーん、やっぱり娘起きてる間は無理だな…と。

娘が寝ている時にやればいいのですが、最近お昼寝も短いorしない日も出てきて、夜は音が気になるしで、散らかるだけ散らかって、肝心の作業は牛歩ペースです。

仕分け済みの本類をブックオフへ

そんなこんなでも仕分けが終了した本類を、先日ブックオフへ持ち込みましたらば、計1445円になりました。

そもそもブックオフで100円で買ったものとかは値段付かないかな?古紙でリサイクルに出しちゃおうか?と夫と話していたのですが、100円で買ったものでも、全て5円か10円の値段で買い取ってもらえました。持っていく手間もあるとは思いますが、出張サービスもありますし、量があれば塵も積もればで少しはまとまったお金になるので、行ってみて良かったです。

今回持ち込んだものは、小説(だいたい5円か10円、最高30円)、漫画(最高200円)、専門書(仕事をしていた時に使っていたものが最高500円)。専門書は需要がどうかなー?と思いましたが予想外に高く売れました!持って行ってみるものですね^^

まとめ

物を持たない暮らしとか、すっきりした住空間とか、すごくあこがれていて、あれこれ工夫するのも好きなのですが、実生活はまだまだそれには及ばないわが家であるということを、この引っ越し準備を通して深く実感しております。まだまだ物が多い…

ただ、物をとっておく期間は、手放すための心の準備期間でもあるかな?とも思ったりします。

そういう意味では、わが家は定期的に引っ越しがあるので、そのタイミングで見直して、その時その時で納得して処分していければいいのかな?

あれ、これかなり時間かかるぞ。

まず今回は今回で、引き続き、断捨離できるものをまとめていきたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。