【石和温泉日帰り入浴】深雪(みゆき)温泉に行ってきました

こんにちは。

前回記事のマルスワイナリーへ行く前に、深雪温泉の日帰り入浴を利用しました。

石和温泉 深雪(みゆき)温泉で日帰り入浴

こちらの温泉の特徴は、なんといっても源泉が自噴していること。

循環、ろ過なし、100%かけ流しの温泉になります。

石和温泉は、源泉を県が管理し、各施設へ供給しているとのことなのですが、いくつかの宿では自前の源泉を使用しているようです。

そんな宿のひとつが、深雪温泉。

山梨県に引っ越してきてから、夫が仕事先で、「石和温泉なら深雪温泉のお湯がいいよ」と教えていただき、今回は石和散歩として、こちらの深雪温泉とマルスワイナリーに行くことにしました。

利用料金、利用時間

日帰り入浴は、大人1000円、小学生以下が700円(90分)。

ちなみに、現在2歳の娘は、この日は夫と私が交代で入ることにして、温泉に入る予定は無かったのですが、受付で、お子様は700円ですとの案内があったので、幼児の場合でも有料になるようです。

タオルは別料金になるようなので、持っていくのがいいと思います。

シャンプー・リンスやボディソープなどは、浴室にありました。

時間は、10時半~14時半。

利用できる時間帯が短く限られているので、その点は注意が必要です。

天然かけ流しの湯

浴室は、3つ。

ももの湯、柿の湯、ぶどうの湯。

ぶどうの湯は貸し切り露天風呂とのことで、男性が柿の湯、女性がももの湯でした。

深雪温泉には、2つの源泉があり、それぞれ36℃と50℃。

こちらの2つの源泉を調整して、入浴に適した温度にしているのだそうです。

パイプを流れてくる温泉とは違い、とてもフレッシュな状態の湯につかることができます。

自噴しているだけあり、湯船からもどんどん温泉が流れ出ていて、敷地内を流れていました。

本当に、湯が豊富なんですね。(1分間に1,415ℓ(ドラム缶7本分)だそうです)

泉質は弱アルカリ性で、入った感じは、若干のとろみを感じるやわらかいお湯でした。

においは弱め。

ちなみにシャワーも温泉を使っているとのこと。

浴室内に、「当温泉はアルカリ性で、カルシウム、ナトリウムを多く含んでいるので、まさに飲む野菜といえます」という記載があったので、ちょっと飲んでみたのですが、変な癖も無く、飲みやすかったです。

入った後もじんわり暖かさが続き、体の芯からあたたまっている感じがしました。

冬はいいですね~これからの時期はなかなか汗がひかず、ちょっと大変かも!?

子供が生まれてからは、なかなか温泉にゆっくりつかる機会も持てないので…久々に温泉に入れて嬉しく、リラックスできました。

石和温泉に行くなら、深雪温泉のかけ流し100%フレッシュな湯、おすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加