九州旅行記②【桜島フェリー・日南海岸・宮崎地鶏料理】

こんにちは、ときわです。

九州旅行記①のつづきです。

旅行2日目 レンタカーにて桜島へ

2日目は天文館でレンタカーを借り、鹿児島港から桜島フェリーを利用して桜島へ向かいました。

フェリーの乗船は全員車に乗ったままでOK。

お金は降りてから支払います。(乗りこんじゃっていいの?とちょっと迷いました)

15分間隔くらいで運行していて、桜島までの乗船時間も15分程度なので、とても利用しやすく、旅行プランにも組み込みやすいです。

この日はあいにく曇り空で、フェリーから桜島を見ることはできませんでした。

桜島に渡り、まず立ち寄ったのが道の駅「桜島」

さっそくご当地グルメ、小みかんソフトを食べました。

桜島小みかんは、世界最小のみかんらしいです。

こちらでは小みかんのスパイスやドレッシングも購入しました。

このドレッシングが結構良かったので、また別記事にてご紹介できればと思います。

次に向かったのは、桜島を間近で見ることができる湯之平展望所

うーん、霞んでる…。

でもその陥没した山肌を見ると、火山の荒々しさを感じます。

駐車場や階段には、黒い火山灰が溜まっていました。

次に向かったのは有村溶岩展望所

こちらも雲がかかって後ろに見えるはずの山が見えない…

有村溶岩展望所はごつごつした溶岩があちこちにあり、1キロ程の遊歩道があります。

散策中なんか目がゴロゴロするなと思って車に戻ると、車にうっすら火山灰が積もっていました。

ちょっとお天気もいまいち…ということで、日南方面に向かうことにしました。

向かう途中に立ち寄った道の駅「たるみず」

こちらでは、すぐ目の前の錦江湾で養殖しているぶりかんぱちが販売されていて、ちょっと気になったので昼食も兼ねて食べてみました。レジでおしょうゆとはしをつけてくれます。

ぶり大将というブランド名なんですね。

この他、地鶏のたたきびわなども一緒に購入し、ご当地グルメを楽しみました。

こちらの道の駅には長い足湯があり、海を眺めながら足湯につかることができます。

娘が足湯好きなので、ちょっと休憩したのち、日南方面の鵜戸神宮へ向けて出発しました。

日南方面 鵜戸神宮へ

桜島から2時間ちょっとでしょうか。鵜戸神宮へやってきました。

海からの波で削られてできた洞窟の中に本殿があります。

すぐ横は日向灘。

荒々しいですね。

鵜戸神宮からは日南海岸を北上し、鬼の洗濯岩へ。

ここも一度、自分の目で見てみたいと思っていた場所です。

本当、不思議な地形ですよね。岩の波。

波打ち際まで歩いてみましたが、近づくにつれこの岩の凸凹が大きくなります。

この時点で18時近く。

宮崎で19時に夕食の予約を取っていたので、ここからはノンストップで宮崎市内へ向かいました。

宮崎 地鶏料理 「鳥の里」

ホテルにチェックイン後、ホテル近くの予約していたお店「鳥の里」さんへ。

単品でいろいろ注文しました。

地鶏の炭火焼き

チキン南蛮

鳥のたたき

鳥刺し

部位がいろいろついてます

娘用に頼んだあじの塩焼き。これがまた新鮮でおいしかった。

こちらのお店のおしょうゆがとてもおいしい!と気に入った夫。

店員さんに聞くと、2つのおしょうゆをブレンドしているとのことでした。

九州の甘めのおしょうゆ、自宅用にも購入して帰ってきました。

お料理はもちろん、付け合わせのお野菜なども新鮮なものをたっぷり使っていて、大満足の夕食となりました。

お腹いっぱいを通り越すほど食べて、お酒も飲んで、お会計は1万円以下

夕食後ホテルに戻り、2日目は終了になります。

今回ホテルでは、お部屋のアップグレードがありました。

ツインで予約していたのですが、リニューアルされたデラックスツインのお部屋を用意していただき、とても快適に過ごすことができました!

前日に寝不足だったこともあり、ぐっすりしっかり休み、3日目に備えることができました。

次回に続きます。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加