コレステロールが高いのはなぜ?産後初めて健康診断を受けた結果と勝手な考察

仕事をしていれば、定期的に健康診断ってありますよね。

妊娠中もなんだかんだ様々な検査を受けて、無事出産。

するととたんに健診を受ける機会が無い!

実際、娘を出産後3年弱、受けた検査は子宮頸がんくらい。

今年から夫の健康保険から助成が出ることもきっかけとなり、久々に健康診断を受けてきました。

診断項目

一般的な健康診断の項目に加えて、乳がんと子宮頸がんも一緒に受けました。

乳がんについては、マンモグラフィーかエコーのどちらかということで、今回はエコーを選択。(年齢的にまだ乳腺の発達の影響があるためエコーを勧められました)

健診予約と健診当日

婦人科健診も一緒にできるいちばん家から近いところで…と思って予約を取ろうとしたら、結構予約一杯なんですね~

結局、予約から当日まで2か月弱かかってしまいました。

健診専門にやっているところだったので、当日は割とさくさく検査が進み、婦人科健診は先生が一人ということもあり30分ほど待ち時間がありました。トータル2時間かからないくらいでした。

診断結果 LDLコレステロールが高かった

今回の健診の結果は、ほぼ異常なし。

20代後半に一度受けてから放置していた乳がん検診も異状なく、一安心でした。

ただ、ひとつ。

「脂質」のLDL(悪玉)コレステロールと総コレステロールで基準値を超える数値が出てしまいました。同項目の中性脂肪はどちらかといえば低めなのですが…

ちなみに数値としては、LDLコレステロール158(119以下)。総コレステロール247(199以下)。カッコ内は基準値です。基準値からいっても、かなり高いですよね!

夫は「運動不足じゃない?」と言いますが、確かに。

食事面ではあまり心当たりが無くごく普通の食生活だと思うのですが、運動のことを言われると…全くと言っていいほどしてないです。

なので、運動して改善されれば、運動不足だったんだね~ということになると思うのですが、少し他に気になることがありまして。

ここからは、医学的な根拠などは無く、ただただ私の勝手な考察になりますのでご了承ください…

まず、コレステロールが女性ホルモンとも関係しているという点。

女性ホルモンのエストロゲンが低下すると、LDL(悪玉)コレステロールが上昇してくるということがあるようです。

私は結婚前、生理不順の治療で長くピルを服用していて、その間は薬でホルモン調整をしていました。その間の健康診断で脂質の異常無し。しかし、ピルを飲む前の健康診断では、やはり今回と同じようにLDLコレステロールの数値が高く出ていたことがありました。

結婚後はピルを辞め、その後妊娠、出産を経て、もしかしたらまたホルモンが乱れつつあるのかも?と感じています。もしくはプレ更年期とか…

そして、もうひとつ。

もう10年以上前の話になるのですが、一度甲状腺の数値で経過観察をしていた時期があり、潜在性甲状腺機能低下症と診断を受けていました。

経過観察の結果、今後は1年に1度程度の検査で大丈夫でしょうということになりましたが、月日が流れるうちにその検査も受けなくなっていました。しかし、妊娠時に念のため行った甲状腺の検査では異状なしだったので、やっぱりもう大丈夫なんだなと思っていました。

なぜこの話を書いたかというと、LDLコレステロール値が高い原因となりうるものに、甲状腺機能低下症があるんですね。現状自覚症状は無いし、血液検査をしてみないとわからないのですが、過去の経過からもしかしたらこちらが原因ということもあるかもしれないなと。

と、気になることをまとめてみましたが、とりあえず半年後に再検査を受けてくださいということでした。

あくまで私の勝手な考察ではありますが、上記のことも頭に入れつつ自分の体調をみつつ、やっぱり運動は生活に取り入れた方がいいよなーとは思っています。

なかなか運動するためだけの時間、作れないですが…娘の公園遊びの時、できることやってみたり…とかでしょうか。

家事育児に追われ、ついつい自分のことは二の次になってしまいがちですが、自分の体と向き合ういいきっかけになったなと思います。

長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加