稽留流産の記録①~妊娠判明から初診まで

先日、第二子を妊娠しましたが、残念ながら初期流産となりました。

稽留流産から進行流産となり、結果的には自宅にて自然流産(自然排出)となりました。

今回の妊娠で流産の可能性があるとわかってから、ネット上で多くの方の体験談を読ませていただきました。

空いた時間があると、とにかく検索。調べずにはいられませんでした。

そうすることで、不安な時間をやり過ごしたり、また、これから自分の身に起こるかもしれないことに対して、心の準備にもなったのかなと思います。

私の体験も、不安の中とにかく情報を求めるどなたかのお役に立てれば…という思いで書きたいと思います。

できる限り詳細に書きます。

扱う内容から、表現が不快と感じたり、知りたくないという方もいらっしゃると思います。

この先は、お読みになりたい方のみお進み下さいますようお願いします。

前置きが長くなり申し訳ありません…

はじめに

私は、第一子となる娘を2年7か月前に出産しています。

娘の妊娠・出産では特別大きなトラブルはありませんでした。

今回の妊娠は第二子となります。

第二子妊娠時の年齢は34歳です。

自身2度目の妊娠で、これまでに流産した経験はありません。

妊娠判明

今回は排卵期にタイミングが取れていたこともあり、なんか体がポカポカする!など早くからちょっとの体の変化にも敏感になっていました。

生理予定日2日前くらいから、左足の付け根が痛み、本当に二人目が来てくれたかもしれない!なんて思っていました。

生理予定日を2日ほど過ぎた日、まだまだ猛暑で暑いのに、スーパーでの買い物中に寒くて寒くて仕方なくて…冷房ききすぎて冷えちゃったのかな?と。しかし、この日の前日の夜、人生の中でも1、2を争うようなひどい下痢に襲われていて、なんだか体調がおかしいかも。

妊娠検査薬を使うにはまだ早い時期でしたが、やることに決めました。

いわゆるフライングっていうやつです。

すると、じんわりと線が出てきました。

うん、ひとまず妊娠はしてるみたい!

じんわりだけど、フライングだし、こんなものかな?

帰宅した夫に伝えると、がっしり握手、笑

生理予定日一週間後にもう一度検査をしてから病院に行くことにしました。

そして、生理予定日一週間後。

またじんわりと、線が出てきました。

この時で、5週2日相当と思われます。(※私は生理周期が28日よりも長めなので、予想排卵日を2週0日として表記します。)

娘の時は同じくらいの時期で、即くっきりはっきり線が出たような気がするんだけどなー。

そして、この時点ではつわりも全く無し。

娘の時とは、ちょっと違うなとは感じていました。

唯一の自覚できる妊娠初期症状と思われるものが、左足の付け根の痛みでした。

初診

初診は6週に入ってからでもいいかなと思っていたのですが、夫の仕事の調整の関係で、5週5日相当のタイミングでした。

採尿後、ドキドキしながら待ちました。

診察室に呼ばれ、つわりはありますか?など、2~3やりとりをし、まずは見てみましょうかと経腟エコーをしました。

「胎嚢が確認できます、正常妊娠ですね。着床したばっかりの大きさ、4週くらいかな。生理周期はどれくらい?」

「28~32日くらいです」

「6週になる頃の大きさではないかな。排卵が遅れたのかもしれないね」

「正常に妊娠していることは確か。2週間後にまた来てください。普段通りの生活でいいですよ。」

エコー写真をもらい、帰ってきました。

ここから。

いろんな考えが頭の中にあふれてきました。

今回、タイミングが取れたのは1度だけ。

排卵が遅れてたら、そもそも妊娠はしていないのでは?

ということはやっぱり成長がかなり遅いのかも。

もしかしたら、すでに成長止まっちゃってる…?

検査薬がじんわり反応したのはそのせい?

つわりが無いのはそのせい?

ここからですね、検索魔と化したのは。

2週間後の受診までがとても長く、不安な時間が続きました。

次回へ続きます。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加