2歳2か月 例にもれず、イヤイヤしています

こんにちは、ときわです。

現在2歳2か月の娘、一般的に「魔の2歳児」などと言われるような例にもれず、イヤイヤしています。

最近、地雷が多すぎます…

昨晩、寝る前。

さぁ寝ようかと、寝室に入るところで、ぎゃー!

え、なに!?いまなんかぎゃーってなるポイントあった!?

何か要求してるけど、わかってあげられない。

「一緒に取りに行こう?教えて」など声掛けするもダメ。

ややしばらくぎゃーぎゃーする間、「○✖▽っちー」と言ってる気がして、「あ、もしかしてサンドイッチ??」と思い持っていくと、当たりだったようです。

先日こどもちゃれんじで届いたサンドイッチやさんセットを枕元に置いて寝たかったということでした。

やれやれと思い布団に入ってしばらくすると、おもむろにそのサンドイッチやさんセットの中身を確認しだし。

再びぎゃー!

中身のパーツが全部そろっていないということでした。

全部そろったことを一緒に確認して、やっと落ち着きました。

そして今朝、お風呂にて。

かけ湯をして、さぁ湯船に入ろうかというところで、ぎゃー!

お風呂イスに関して何かを要求している様子だけど、どうしたいのかがわからない。

いろいろ聞いてみるも、泣き続けるばかり…

かけ湯しちゃってるのでどんどん体も冷えてくる!

ええい、もうわからない!

けど湯船入らないと風邪ひく!

「イスこっち(湯船の中)に入れて座る?」

とお風呂イスを湯船の中に入れて座らせると、そこで気持ちが切り替えられたようです。

たぶん要求してたこととは違うのでしょうが…別のことに興味が移って切り替えしてくれるなら、それはそれでいいのかな?と思います。

あとはもう、

着替えたくない(最近は特にズボンをはきたがらない)

出かけたくない

自転車じゃなく車に乗りたい

飲みたいものが違う(お茶出せば牛乳飲みたいなど)

食べたいものが違う(物によりスプーンで食べたい、はしで食べたいなど)

などなど。

やりたいことが伝わる場合は、それに応じることができるので(はぁ…と思ってしまうことも多いけど…)まだいいんですけどね。

伝わらない、わかってあげられないときは本当にお互い消耗します。

何かするときは、なるべく娘に選択してもらうということを心掛けてはいるのですが。

パン食べたいというからパンを出すんだけど、やっぱりおにぎりがいいということもありますしね。まぁ普通に気が変わることは大人でもあるけどね。

それと、行動する前に予告するというのもやっていますが、なかなかスムーズにはいかないですね。

ただ、このイヤイヤと並行して、記憶する力が伸びてきてるなというのを感じています。

私の方がイライラで言い方が荒くなったり、対応が雑になっちゃってる部分が無いとは言えないので…気をつけなきゃいけないなぁと、思っています…

なにかひとつやろうとすると、実行できるまでにいくつもの地雷を踏んでしまう。

それはあくまで私側からのとらえ方であって、娘にとっては必要なステップなんですよね。うーん、わかってはいるつもりだけど、どーんと構えていられる余裕が持ててないな。

娘自身が伝わらないことにイライラしているのはわかる、けどその要求をわかってあげられない。わかってもできないこともある。もどかしいものですね、イヤイヤ期ってやつは!

娘もイライラ、私もイライラ、相乗効果でさらにイライラ。この悪循環にどっぷりつかってしまわないように、上手にイヤイヤと付き合っていけるといいな。

これを書きつつ、私も自分を振り返り、考えをまとめつつ、気持ちを切り替えた次第です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加