ちゃんと気づいて声をかけてあげられたら良かったな

先日、反省したこと。

今日も一日終わった~そろそろ寝ようと思った時、ふと目に留まった「はなちゃん」。

青からピンクの服にお着替えして、きちんとボタンもとめて、置いてありました。

今まで、腕が通せなかったり、ボタンもすんなりとめられなかったりしてたのに…いつの間に。

そのときに、ちゃんと気づいて、「服着せてあげられたね!ボタンも上手にとめられたね!」って、声をかけてあげられたら良かったな。

最近、「おかーさん!おかーさん!」がほんと激しくて。

一緒に遊ぼう?一緒に見よう?一緒に食べよう?こっち来て!○○して!

起きている間は、ほぼ何かしらの要求をされ、やらなければならないことも中断中断で進まず。そしてこちらの要求(お風呂に入る、歯を磨く、手を洗う、着替えるなどなど)は却下され、いちいち時間がかかる!!

わかってます、そういう時期ですよね。こんなに必要とされるのも、一時だけですよね。

でも朝から晩までこんな感じで、渦中にいる今は、なかなか疲れますよね。

その日は、さらに体調不良も重なり、普段は「やれやれ疲れるな」程度のこともスルーできずピリピリしてました。一瞬一人遊び始めたなと思って、ちょっと距離を置いたのですが、その時にしていたと思われます。

その後すぐに呼び戻されたのですが、その時ははなちゃんに気づかず。

「ちょっとは休ませてよ」と、自分のことしか考えていませんでした。

で、夜寝る前に気づき、「できるようになったんだ!成長してる…」と思ったら、その時気づけなかった自分、余裕のない自分に、がっかりしたというか。

なんだか、胸がぎゅっとなりました。

3歳が近づいてきて、できることも増えてきて、来春には年少さんになる。

今は「かわいいけど大変なことも多い」と思うけど、振り返れば「あの時が人生の中でもいちばん充実してた」と思う時期なんだということが、「きっと、そうなんだろう」と、実感として思えたできごとでした。

今までは、「いやいや、そうは言っても大変よ…」という気持ちが大きかったんですね。とても貴重な時間を過ごしてるということが実感として持てたので、イライラしたり疲れないようにするためにもっと肩の力抜こうよと、自分に言い聞かせたい。

お母さん業、まだまだですね…

次の日の朝、娘に「はなちゃんお着替えできたね」と言うと、「そだよーできたんだよー」と、嬉しそうな顔をしてくれて、また胸がぎゅっとなりました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加