【富士急ハイランド】アフタヌーンパスでお得に楽しんできました

先月の話になりますが、富士吉田市にある富士急ハイランドへ行ってきました。

山梨県に越してきて、一度は行ってみないとね!ということで今回初めて行ってきました。

富士急ハイランドは、2018年7月14日から入園が無料となり、それに伴い各アトラクションの料金が値上げとなったのでフリーパスを買うか否か迷うところ。

もちろん、1日がっつり遊ぶ!ということであればフリーパスを買うのが良いと思いますが、アトラクションには年齢制限身長制限もあるので、行く人や滞在できる時間などでも変わってくると思います。

今回わがやはアフタヌーンパスという午後から購入できるフリーパスを使いました。滞在時間は13時から閉園時間である17時までの4時間。(※アフタヌーンパスの利用時間は、閉園時間により変わります。)

家族構成は、夫、私、娘(2歳10か月、身長90㎝)です。

以下、わがやの利用例をまとめてみたいと思います。ご参考までに…

今回はアフタヌーンパスを利用

アフタヌーンパスとは、午後より販売・利用開始の乗り放題チケットです。

閉園時間が17時~18時の日は13時以降、閉園時間が19時以降の日は14時以降に利用可能となります。

お値段は、大人3,600円、中高生3,300円、小学生3,000円、幼児1,600円となります。

ちなみに、通常のフリーパスをなんの割引も無く購入すると、大人5,700円、中高生5,200円、小学生4,300円、幼児2,000円となります。

滞在4時間でどれだけ楽しめるか?

夫は、ド・ドドンパとフジヤマ(どちらもジェットコースターですね)には乗ってみたいとのこと。

私は絶叫系はパス。

娘は、トーマスランドで遊ぶのがいいかな?

ということで、夫がドドンパとフジヤマに並んだり乗ったりしている間は私と娘がトーマスランドで遊ぶことにしました。

しかしながらこの日、フジヤマが急遽?点検となってしまい(HPでは点検日になってなかったと思うのですが…)残念ながら乗ることができず。

仕方なくVRアトラクションのほぼフジヤマで代替。

私もこのVRくらいなら平気かなと、ほぼドドンパの方を体験してみましたが…これは…なんとも微妙でした!

途中モスで休憩をはさみつつ(すごく寒い日だったのでコーンスープが沁みました…)、閉園間際に観覧車に乗ると園内のイルミネーションがきれいに見えました。

アフタヌーンパス、結局元は取れるの?

さて。

そもそも娘は遊園地というものが初めてで、乗り物もどれくらい乗るのか?また乗りたがるのか?は未知数。乗り放題チケットだと無駄になってしまう可能性もあるかな…と迷いつつもアフタヌーンパスを購入しました。

結果、こちらになります。※数字は単品でアトラクションを利用した場合の料金

夫 計5200円分

ド・ドドンパ:2000円、ほぼフジヤマ:800円、観覧車:800円、ティーカップ:600円、メリーゴーラウンド:600円、立体迷路トーマス・サーカス:400円

私 計5200円分

立体迷路トーマス・サーカス:400円、トーマスとパーシーのわくわくライド:500円、GO!GO!バルスロード:400円、みんなでツイスト:400円、いたずらクランキー:400円、トーマスのドキドキプレイグラウンド:500円、ホッピングウィンストン:400円、ほぼドドンパ:800円、観覧車:800円、メリーゴーラウンド:600円

娘 計5000円分

立体迷路トーマス・サーカス:400円、トーマスとパーシーのわくわくライド:500円、GO!GO!バルスロード:400円、みんなでツイスト:400円、いたずらクランキー:400円、トーマスのドキドキプレイグラウンド:500円、ホッピングウィンストン:400円、ティーカップ:600円、観覧車:800円、メリーゴーラウンド:600円

行った日は平日だったので、比較的待ち時間も短くさくさく進めたのでこのような結果に。

半日、4時間だけの利用でしたが、今回はフリーパスにして正解だったかなと思います。

2歳10か月の娘の初遊園地。

乗り物なども特に怖がったりすることなく次々乗っていましたが…結局いちばん楽しそうにしてたのはプレイルームで他の子達と遊んでいた時でした!

やっぱりね、いまはお友達とわいわいするのが楽しいんだよね。

前々から観覧車に乗るのを楽しみにしてたけど、乗車中後半はすでに飽きてたもんね。

ただ、遊園地行ったね~と記憶には残っていて、楽しい思い出にはなってくれたようなので良かったです。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加