洗濯物は完全部屋干し派、におわない工夫

こんにちは、ときわです。

今年もいよいよ梅雨入りということで昨日、今年初めて、除湿器を稼働させました。

これは主に洗濯物を乾かすのに、3年ほど前に購入しました。

以下の製品の一つ前のものになります。

洗濯物は完全部屋干し派

梅雨時期かどうかにかかわらず、私は基本的に洗濯物は部屋干し派。

なぜ部屋干しか?

これが理由だ!という明確なものは無いのですが…

1.もともと北海道出身で、1年の半分は部屋干し一択。自分の中で外へ干すという習慣が定着していない。

2.夫の転勤で初めて本州に住むようになり、ベランダ用の物干し竿も買って何度かトライ。でも、虫が!虫がすごい。のちにベランダにスズメバチの巣が作られるという事態も発生し、完全部屋干しに。

3.夫の転勤で引越し。あまり空気のきれいそうな地域ではなく(事実かどうかはさておき、そんな気がする)、完全部屋干し続行。

4.夫の転勤で引越し(今の家)。引っ越した時期(花粉?黄砂?)もあると思うのですが、飛散物が!飛散物がすごい。窓枠や郵便ポスト内にも塵のような汚れがすごくて、外へ干す気になれず完全部屋干し続行。

以上のような流れがあり、洗濯物は完全部屋干し派となっています。

あと、ご家族が多かったり、子供が小さかったりすると、とにかく汚れ物って多く出ますよね…雨続きでお洗濯ができないなんて、無理ですよね!?

さらに、お仕事をお持ちの方などは、適度な時間に取り込むことが難しいので、基本部屋干しなのではないでしょうか。

でも部屋干しって、乾かない&におう

北海道に住んでいた頃と、本州に住み始めて決定的に違うと感じたのは湿度

本州に住み始めて最初の梅雨時期~夏、その湿度の高さには本当に驚きました。

でも洗濯物は部屋干し対策とか何もせず、北海道と同じ感覚でただ干してたのですが、乾かない、そしてだんだんとにおいも気になるように。

洗剤をいろいろ試したりしてみましたが、効果はいまいち。

どうしたらいいんだろう~といろいろ調べたり、梅雨時期によくやってるテレビの特集など見たりで行きついたのが…

におわない工夫

洗濯物がにおわないようにするために大切なことは、濡れている時間を短くすること!

洗濯が終わったら、なるべく早く乾かすということが重要になってきます。

濡れている時間が長いと、その間にどんどん菌が増えていってしまうとのこと。

ということで導入したのが、最初に触れた除湿器になります。

当時住んでいた家には浴室乾燥機もついていたのですが、もともと湿度の高い場所なので、いまいち乾きが甘くて…洗濯乾燥機も全ての洗濯物に使えるわけではないため、別に除湿器を用意することにしました。

湿度の高い夏場なんかは、タンクにどんどん水が溜まっていきます!

この水なんかに使えないかな?と思うほど溜まります。捨てるしかないんだけど…

除湿器を導入してからは、においの方もかなり改善されました。

あと、洗剤をいろいろ試した中でおすすめしたいものが、こちら。

ジェルボール洗剤なども使ってみましたが、断然こちらがにおわない!
ちょっと切らしてしまったりして、別の物を使うことがあったのですが、バスタオルなど乾きにくいものはどうしてもにおいが気になってしまって…もう浮気できません。
部屋干し派の方にはぜひ試してみて欲しい洗剤です!

まとめ

ジメジメする季節、洗濯物もそうですが、菌やカビやダニや…いろいろ気になりますよね。

洗濯物に関しては、とにかく早く乾かす工夫をすることで菌の増殖やにおいを軽減できます。

私は、布団に関しても外へは干していないのですが…次回は、外干ししなくても、気持ちよく布団を使える方法(ベッドも可)についてもまとめてみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加