めんどくさがりの私でも続いてます、家の中でできるダニ対策

こんにちは、ときわです。

突然ですが、布団を外に干すのって、大変ではないですか?

まず、干す場所をきれいにして、片面干したら裏返して、敷布団って大きいし重いし…さらに、ダニ対策という視点からみると、片面干している間に、熱から逃れるためダニ達が反対側へ移動するとか…!

大変な上にダニ対策効果も低いなんて…やりたくない…

ベッド使用の場合は、そもそも外へ出すこと自体不可能ですよね。

わが家では現在、ダブルベッドのマットレス厚めのマット+敷布団を横並びにして使用しているのですが、ベッドマットレスにも敷布団にもOKなダニ対策の方法をまとめたいと思います。

※私が行っているダニ対策だけでは不十分な面もあるかもしれませんが、基本めんどくさがりの私でも継続して行えて、「なんか今日布団気持ちいいね~」と夫が気づくくらいの効果はあります!

はじめに

わが家では子供が生まれる前までは、ベッドのみを使用していました。

とりあえず、ファブリーズしとけば大丈夫でしょ!という考えで、特別対策はしていませんでした。

しかし子供が生まれ、ダニとか、いろいろ気になるように。

はじめはこちらの商品のようなマットの下などに置くだけのダニ取りシートなどを使っていました。

そこでいろいろ調べ、どうやらダニ対策として大事なことは、
1.ダニを熱で退治(ダニは熱に弱い)
2.ダニの糞や死骸を除去(糞や死骸はアレルギーの原因になる)
この2点であることに行きつきました。

家の中でできるダニ対策

ダニを熱で退治し、死骸や糞を除去する。
この2点を可能にするアイテムとしてわが家で使っているのがこちらになります。
布団乾燥機布団クリーナーです。
使い方としては、布団乾燥機の熱でダニを退治した後、布団クリーナーで吸い取る

布団乾燥機

ちなみにわが家で使っている布団乾燥機は袋がついてないタイプのものです。
使い方のポイントとして、軽めで全体が覆える大きさの掛布団を上からかけること。
写真は春~秋にかけて使えるうすめの肌掛け布団です。
冬は羽毛布団を上からかけて使用しています。
タオルケットだとあまり空気が広がらず、熱が行き届かないので効果が低くなってしまいます。

布団クリーナー

もともと、何かするため専用の家電を持つのがあまり好きではなくて…。
例えば、布団専用ノズルがついた掃除機や、車のおそうじなどにも使えるダイソンのハンディクリーナーなども検討しました。
しかし、費用面や効果などを検討した結果、こちらの布団クリーナーを購入することに。
以下、お目汚しに注意下さいませ!
このクリーナーで吸い取ったゴミの画像を載せます!
綿ごみの他、細かなゴミも。
こうして目に見えてゴミが取れると、やったことに対する効果が実感できます。
ちょっとさぼっちゃった時とか、引くくらい取れます…この上で寝ていると思うと、怖いですね…

まとめ

私は、だいたい1週間~10日に1度を目標に、布団乾燥機+布団クリーナーでダニ対策を行っています。
ダニは寝具のお洗濯や、布団を外に干すだけでは退治することができません。
もちろん、私が行っている方法でも、完全にゼロにすることは無理ですが…やるのとやらないのとでは、やっぱりお布団の気持ちよさが違うな~と感じます。
梅雨時期などは、これにダニシートをプラスすれば、さらに安心かもしれませんね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加