秋の花粉症?5年目にして初めて受診する

ここ1週間ほど、街なかでキンモクセイの香りを感じるようになってきました。

このキンモクセイ、私が生まれ育った北海道には無いんです。

本州に住むようになってはじめて迎えた秋、この街なかに漂う甘い香りはなんだろう??と夫に聞くと、「キンモクセイだよ~」と。

キンモクセイというと、トイレの香りというイメージでしたが、実際のキンモクセイの香りは、いい香りだな~と感じます。

そして、このキンモクセイの香りが漂う時期、私を悩ませるのがアレルギー症状

本州に住み始めてから、毎年この時期になると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出始めます。

本州に住み始めて5年目になるこの秋、これまでよりも症状が強く出ていて、初めて受診することにしました。

春はスギやヒノキ、秋はキク科やイネ科の花粉が飛ぶ

花粉症といえば、スギやヒノキが代表的ですよね。

春先にはこの花粉によるアレルギー症状に悩まされる方も多いと思います。

しかし花粉症は春だけではなく、実は秋にもあるのだとか。

秋に飛ぶ花粉は、キク科のブタクサやヨモギ、イネ科のカモガヤなど。

スギやヒノキに比べて背が低いため、広範囲に花粉が飛ぶことは無いようですが(数十~数百メートル程度)、行動範囲の近くにある場合はやはり影響を受けてしまいますよね。

私はスギやヒノキの花粉には反応しないのですが、幼少期に受けたアレルギー検査でカモガヤのアレルギーがあることがわかっているので、おそらくそれなのかな?とは予想していました。

本州に住み始めて5年目にして初めて受診する

もともとアレルギー体質ではあるものの、北海道に住んでいた時には決まった時期に症状が出るということも無く、症状が出たとしても軽く、ごく一時的なものでした。

本州に住み始めてからは毎年秋に症状が出るようになったものの、2~3週間程度で気づくと治まっているという感じで受診には至らず。

そして今年。

1週間ほど前からなんとなく目がかゆいなとは思っていたのですが、日に日にかゆみが強くなり、のどもイガイガ、顔や頭など皮膚のかゆみも出てきて、くしゃみをすると鼻水が止まらなくなるなどの症状が。

受診したのは、アレルギー科になります。

まず、看護師さんの問診で、幼少期のアレルギー検査のことや、5年前から毎年秋に症状が出ることなどを伝えました。

アレルギー検査については、受けたのが幼少期で年数が経っていることや妊娠・出産で体質が変わったということも考えられるため、アレルゲンを調べる検査をすすめられました。

こちらの検査、5000円ほどかかるとのことです。

急ぎでは無いのでこちらはとりあえず保留。

診察では、のどにも炎症がみられるとのこと。

抗体などの測定を行う血液検査を受け、薬を処方してもらいました。検査結果は後日。

処方された薬

大鵬薬品 ビラノア錠

1回1錠、朝食の2時間後。

空腹時でないと、効き目が低下すると説明がありました。

比較的新しいお薬ということで、眠気が出にくいとのこと。

パタノール点眼液0.1%

アレルギーによる目の炎症に用いる薬。

おわりに

血液検査の結果はまだ聞きに行けてないのですが、ひとまず薬でつらい症状が落ち着いたので良かったです。

アレルゲンの検査については、一度受けた方がいいかなと思っています。5000円だけどね…

このようなアレルゲンがわかるようです↓

確かに、妊娠・出産を経て、体質の変化もあるかもしれないし、年齢的にも変化があるかもしれないし…知人の方で、若い時はももやなしなどの果物を食べても平気だったのに、30代後半頃からアレルギー反応が出るようになったという方が居たんですよね。

私の場合、症状が強く出るようになったのは、体質の変化なのか、単純に外で活動する時間が増えて(公園遊びや自転車移動)アレルゲンに触れる機会が増えたのか、原因は定かではないのですが、検査をすることによってアレルゲンがわかれば、気をつけることもできるかなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加